福岡県筑後市の社会福祉法人 筑後市社会福祉協議会

「気持ちはみんなと一緒だよ」

「私たちには障害があるけど気持ちはみんなと一緒だよ」
今年も市内の小学4年生を対象に福祉教育を実施しています。
福祉的な技能の習得ではなく、同じ空間で一緒に過ごすことを目的として、障害当事者のゲストティーチャーが市内の小学校へ出向いています。
そこで、冒頭の言葉を聞き、私自身のことを少し思い返しました。

学校を卒業し、就職したての6年前。「障害のある人には何か手助けせねば」と、ある種の責任感を感じていました。しかし、実際に目の前に立つと、どんな風にお声かけすればいいのか分からずに立ち尽くしている自分がいました。
しかし、重度の身体障害のあるAさんも、精神障害で入院歴のあるBさんも、多くの方が笑顔で声をかけ、私のことを知ろうと話かけてくれました。気が付くと、私の中の「手助けせねば」という意識は消え、肩ひじを張らずに話ができる関係になっていました。

そして今「気持ちはみんなと一緒」という言葉を聞いて、その人を知ろうとせずに、障害にだけ目を向けていた自分に改めて気が付きました。
本当に必要なことは過剰な配慮ではなく、一緒に過ごして、その人を知ることだったのです。(拓)

職員採用のお知らせ

筑後市社会福祉協議会【職員採用】のお知らせです。

私たちと一緒に、福祉のまちづくりを進めていきませんか?

 

事務職員(総務福祉課)

雇用形態 正規職員
資格等 昭和59(1984)年4月2日以降に生まれた人で福祉に理解と関心のある人。
(福祉の有資格者または資格取得見込者はより望ましい)
試験 【一次】一般教養試験と小論文
【二次】面接
給与 社協就業規則による取扱い
試験日 【一次】令和2年1月18日(土)9:00~
【二次】令和2年2月8日(土)9:00~
筑後市総合福祉センターにて
申込み 市販の履歴書に必要事項を記入し、資格証明書(有資格者の場合)とともに1月10日(金)17時までに社会福祉協議会へ提出(郵送の場合は1月10日消印有効)
採用予定 令和2年4月1日
問合せ TEL/0942-52-3969(総務福祉課)

 

「かぐや姫と選択肢のある社会」

「〝ひきこもり〟って、なあに?」と、小学1年生の娘が言いだしました。
 「えっと・・外になかなか出ることができなくて、ずっとおうちにいることだよ」と答えたところ、「へー、かぐや姫と同じだね!」と。わけを尋ねると、「かぐや姫は家の中で泣いていたんだよね。月からお迎えが来るからだって。だから、周りの人がかぐや姫を家から出さないようにしたんでしょ?」だとか。

子どもながらの感性に驚きつつ、結構深い話のような気も。

月の使者は「月に来た方が幸せよ」と言う。地上の人は「月には行くな」と言う。その他の選択肢はなく、かぐや姫がどうしたいのか、心の内は見えてこない。または、かぐや姫自身もどうしたいのか分からないのかも・・。しかし、もし他の選択肢がたくさんあれば、かぐや姫も周りの人も困ることはない。
 
これは「LGBT」や「吃音・場面緘黙」など、様々な福祉課題に通じます。様々な選択肢(生き方)があれば、本人も周りの人も困らないでいい。

では、どんな選択肢が必要か。当事者が安心して気持ちを打ち明けられる場所に、そのヒントが見つかりそうな気がします。そしてそれは、誰もが生きやすい社会づくりのヒントだとも思うのです。(善)

お詫びと訂正

10月1日に発行しました社協だより「人として」に誤りがありました。

P4 市民福祉のつどい兼合同研修会
   (誤) ところ 筑後市総合福祉センター(野町680-1)
   (正) ところ サザンクス筑後(若菜1104)

ホームページへは修正済みの社協だよりを掲載しておりますが、各世帯にお届けしている広報は誤った内容を掲載してしまいました。お詫びして訂正いたします。

災害と『受援力』と『支援力』

8月28日の大雨で市内でも多くの住宅で被害がありました。翌29日には災害ボランティアセンターの立ち上げに向けて準備を進める中、ある地域の区長から、「区内で被害が多く困っている」との連絡がありました。すぐに職員が現地へ向かい、区長・福祉員方と共に被災世帯の状況把握を行うことができました。
 
災害時には助けてと言える「受援力」が重要だと感じました。

 30日(土)には110名のボランティアが集まり延20軒、1日(日)は87名が集まり延19軒の家の片付け等のお手伝いができました。ボランティアには、市役所職員・青年会議所・近隣社協職員・学生・ボランティア連絡協議会等、様々な方に参加していただきました。また、活動のボランティアだけでなく、物資提供をしてくださった方も多数。様々な形での支援に心から感謝です。
 災害時には、被災者を支える「支援力」が大切だと実感しました。
 「受援力」と「支援力」。これには、日頃からの繋がりが大切です。災害時だけでなく日頃からつながれるまちでありたいものです。 (宏)