福岡県筑後市の社会福祉法人 筑後市社会福祉協議会

「助け合える誰かがいる=安心感」

 新型コロナが5類へ移行して初めての年末年始。久しぶりに保育園の頃からの友人たちで集まりました。

 顔を合わせて、近況報告や、思い出話など、気づけばあっという間に6時間が経過していました。

 それぞれに、学校に行けなくなったり、大きな病気をしたりと苦しい時期もありました。それでも、お互いを気にかけあったり、励まし合いながら過ごしてきました。

 本誌で紹介した、中山智博さんのお話。これまで出会った方との思い出やエピソードに、沢山の感謝の言葉がありました。

 話を聞きながら、私自身も色んな人の顔が浮かびました。助けてもらったり、力をもらったり、自分とは違う考えと出会って刺激をもらったり。

 便利な物やサービスは増えました。それでも、それ以上に、助け合える誰かがいることは、安心感があります。 

 私も、智博さんのように人との繋がりに感謝して、過ごしていきたいと改めて思いました。   (実)