福岡県筑後市の社会福祉法人 筑後市社会福祉協議会

善意奉仕銀行(ボランティアセンター)の取り組み

善意奉仕銀行は、昭和39年に発足し、昭和54年にボランティアセンターを開設しています。

現在の主な取り組みは、車イスやレクリエーション用品の貸し出し業務、預託金品の受け入れ・払い出しなどの業務で、特に、近年は在宅介護の増加や制度変更などの影響もあり、車イスの貸し出しのニーズが高まっており、機材の充実やメンテナンスも進めていく必要があります。また、併せて社会福祉協議会の存在や役割などを地域へPRしていくための事業展開についての検討も進めていきます。

・善意の預託・払い出し業務の推進
・賛助会費(一口1,000円)の加入促進
・ボランティア保険の加入
・車イスの貸し出し
・イベント用品の貸し出し など