福岡県筑後市の社会福祉法人 筑後市社会福祉協議会

訪問入浴サービス

2017年11月27日

訪問入浴サービス

訪問入浴とは自宅での浴槽では入浴が難しい方に組み立て式の浴槽を積んだ訪問入浴車でご自宅にお伺いして、入浴を行うサービスです。看護師を含めた3名が訪問し、寝たきりや身体の障害などで一人での入浴が難しい方でも安全で快適に入浴することが出来ます。

訪問入浴

訪問入浴の流れ

①浴槽・ボイラーを配備した『訪問入浴車』で看護師、介助員2名の3名で予定された日時にご利用者様のご自宅にお伺いいたします。

訪問入浴
↓

②到着したら、看護師が血圧、体温、脈拍などの入浴前の健康チェックを行い、入浴の可否判断を致します。

※入浴不可の場合でもその日の体調、健康状態に応じて、手浴・足浴や清拭などをご提供いたします。

↓

③『訪問入浴車』から浴槽や機材を居室に運び、お風呂の用意を行います。2階以上の高層階も対応可能です。

※入浴で用いるタオル、バスタオル類は必要に応じて当事業所にて準備いたします。

訪問入浴
↓

④湯温、湯量、時間などご利用者様お一人お一人のご要望に沿って行います。(入浴中にシーツ交換などを行います。)

訪問入浴
↓

⑤着替え、整容を行った後で看護師が健康状態の確認、健康チェックを行います。利用者様やご家族様とコミュニケーションを図り、また、介護に関する相談等も承ります。

料金案内

介護保険サービス 要介護1~5 1,306円
要介護1,2 914円

※障害福祉サービスご利用の方は別途ご案内いたします。

筑後市ホームヘルプサービス

2017年11月27日

筑後市ホームヘルプサービス

訪問介護(ホームヘルプ)とは障害があっても、年を取って動きにくくなっても、住み慣れた自宅で安心して生活を続けることができるように、専門的な技術をもって「自立支援」を行うサービスです。

ホームヘルプとは

どんなサービスを受けられるか?

  • 食事、排泄、入浴などの身体介護
  • 調理、掃除、買い物などの生活介護
  • 治療食の調理や調理指導、通院介助などetc・・・
ホームヘルプとは

どんな方がサービスを受けられるか?

  • 介護保険の認定があり、ケアマネージャーが必要と考える場合。
  • 障害があり、計画相談員が必要と考える場合。
ホームヘルプとは

事業所の取り組み

  • 月一回以上、ヘルパーの研修を行っています。
  • 定期的な会議を行い、情報の共有、サービスの質の向上を目指しています。
  • 関係市町村や保険、医療、福利サービスとの連携を図っています。
ホームヘルプとは

お問い合わせ、ご相談について

営業日 月曜日~金曜日(※祝日、お盆、年末年始はお休み)8:30~17:15
※ただし営業日以外は電話対応しております。
サービス提供日 年中無休(※ただし祝日、お盆、年末年始はお休み)6:30~22:00
連絡先 《TEL》0942-52-9016
《FAX》0942-52-9126

ご利用料金について

身体介護(1時間) 485円
生活介護(1時間) 282円

※上記は一例ですので、収入等に応じて利用料金は変わりますのでご相談ください。

提供サービス

介護保険サービス
  • 指定訪問介護(要介護1-5の認定の方)
  • 第1号訪問介護事業(要支援1-2の認定の方)
障害サービス
  • 指定居宅介護(障害がある方の身体介護や家事援助、通院介助)
  • 重度訪問介護(重度の肢体不自由、または知的障害の方)
  • 同行援護(移動困難な視覚障害のある方の外出支援)
  • 行動援護(行動に著しい困難を有する障害の方の外出支援)
  • 移動支援(障害がある方の外出支援)

筑後市ケアプランサービス【居宅介護支援】

2017年11月27日

筑後市ケアプランサービス【居宅介護支援】

1.はじめに

『介護保険の認定を受けたけれど、どうしていいのかわからない』
『足や体が弱ってきたけど、このままでいいのか心配。』
『忘れっぽくなって、外にあまり出なくなった』
『今までできていたことが出来なくなってきた』

などお困りなことはありませんか?

わたし達、介護支援専門員(ケアマネージャー)は、認定を受けた、要介護又は要支援者の方が介護保険サービスを適切に利用することが出来るように、ご利用者様やご家族の希望、お体の状態、生活環境などを考慮し、安心して自宅での生活が送れるようにお手伝いします。

介護保険相談風景

2.主な提供サービスについて

・介護保険や介護に関する相談・情報提供
・介護認定代行申請
・居宅サービス計画(ケアプラン)の提案・作成
・福祉用具、介護用品のレンタル、購入や住宅改修などに関する提案・助言
・保険・医療・福祉・介護サービス事業者との連携、調整

居宅サービス利用の流れ

3.お問い合わせ・ご相談について

営業日 月曜日~金曜日(※土日祝は休み)
営業時間 8:30~17:15(相談は無料です。秘密は厳守いたします。)
住所 〒833-0032 福岡県筑後市大字野町680-1
連絡先 《TEL》0942-52-9066
《FAX》0942-52-9030

※ご自宅で相談しづらいことがあれば、事務所相談室での面談も可能です。

4.職員紹介

当事業所は男女8名の介護支援専門員(ケアマネージャー)が在籍しています。
お気軽にご相談ください。

5.当事業所の取り組みについて

週1回の事業所内研修会のほか、外部研修にも積極的に参加し、資質向上の取り組みも行っています。

介護保険サービス利用希望時の流れ

2017年11月24日

介護保険サービス利用希望時の流れ

↓ ↓

介護認定を受けていない場合
介護認定の申請(申請代行致します)
↓
要介護認定を受けた

すでに介護認定を受けている

↓ ↓

利用者様の状態、状況の確認(アセスメント=課題分析)
介護支援専門員(ケアマネージャー)がご自宅や入院先の病院にお伺いし、
ご利用者様・ご家族様に面談して行います。

↓

利用者様への情報提供
サービス事業所などのサービス内容や利用料などの情報を提供し、
ご利用者様・ご家族様がサービスを選択します。

↓

サービス担当者との調整(担当者会議の開催)

↓

居宅サービス計画(ケアプラン)の作成
介護支援専門員(ケアマネージャー)が説明と合意の確認を行います。

↓

介護保険サービス利用開始

↓

計画実施状況や状態の確認と把握(モニタリング)と連絡調整

毎年、2万人を超える人が自ら命を絶つ日本社会に、私たちはいる。

2017年11月15日

アパート一室で男女9人の遺体が見つかった事件。

容疑者は、自殺を望む若者とインターネット上の交流サイトで知り合い、犯行に及んだとされます。「殺すことに慣れてしまった」という供述に、背筋がぞっとする思いがしました。

と同時に、「死にたい」と思う人が多くいるということにも、ぞっとする思いがしました。

被害者の家族や身近な人にとっては、「なぜ?」の思いや、後悔の念が交錯しているのでは…と思いもします

「死にたいほど苦しい」と、顔も名前も知らない人に打ち明ける…。インターネットという匿名性の高さゆえに、身近な人よりも、逆に本音を言いやすかったのかもしれません。

そう考えると、「死にたいほど苦しい」と思っている人は、周りに話さないだけで、本当はあなたの近くにいるのだと、言われたような気がしました。

毎年、2万人を超える人が自ら命を絶つ日本社会に、私たちはいます。「死にたいほど苦しい」という思いの背景に思いを馳せつつ、私なら何ができるのか…、そんなことを考えさせられています。           (善)

災害が起きた時。私たちの地域は・・?

2017年10月15日

「隣近所のつながりもある。今さら住み慣れた地域は離れられない」

朝倉市の被災者の方とお話しすると、このような言葉をよくうかがいました。住宅地では、道端に近隣住民が集まって話し込む姿も頻繁に目にしました。また、被害の激しかったある地域では、商店を利用して地域住民のサロン活動交流会がスタートしたそうです。

災害に見舞われ、身体的にも精神的にも負担の大きい生活を強いられる中で、「家に戻りたい」「住み慣れた地域に戻りたい」という思いが、被災者の希望になり、復興の力になっている。そんな風に感じました。

今号の記事の中では、日頃からコミュニケーションをとり、地域のつながりをつくっておくことが、いざという時に役に立つと紹介しました。朝倉の地域を見て、この「つながり」は被災後の地域を再構築する時にも、とても役に立つのだと実感しました。

さて、災害はいつ、どこで起こるか分かりません。そんなときに私たちの住む地域は「ここで暮らし続けたい」と思える地域でしょうか?

(拓)